国家公務員に冬のボーナスが大幅増!平均69万1600円www

 国家公務員に10日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。管理職を除く行政職職員(平均年齢36.7歳)の平均支給額は、前年冬と比べ11万9800円増の69万1600円となった。人事院勧告に基づく給与改定で、ボーナスの支給月数が7年ぶりに引き上げられたことなどが影響した。

このニュースを受けてネットでは、

「公務員のボーナスを増額する余裕があるのなら、増税するな!」
「このタイミングだと増税した分ボーナスが増えたと受け取られるのは当たり前。」
「財政赤字で大変といって、国民に対して増税しながら、国家公務員のボーナスが増えるのは、やはりおかしいでしょう。」
「財政健全化する気ないだろ。」
「国民のほとんどが給料が上がらず嘆いたいるのに。本当に財政を立て直す気あるのかな?」

など、多くの非難コメントが書き込まれている。

この記事へのコメント